ぼたもち(仮)の重箱

躁うつ病、万年筆、手帳、当事者研究、ぼたもちさんのつれづれ毎日

トラウマのバイブル

f:id:hammerklavier:20190517143757j:image

 

「心的外傷と回復」(ジュディス・L・ハーマン著、中井久夫訳)を読み終わりました。トラウマアンドリカバリー。少し難しい本でしたが、とっても勉強になったよ。

 

何が一番印象に残ったかって、PTSDの人の回復の過程を教えてくれたこと。

どうしてこの病気になったかということよりも、これこれこのように治療していくとこんな風に回復していって、患者の自己感覚はこんな感じに変化していくんだよって教えてくれているところ。

あと、PTSD患者が加害者によってどれくらい自己、内面を破壊されているか、そしてそれは被害者のせいではないのだという姿勢で、何度も強調してくれているところも、「ああ、この著者は本当の味方だな」って感じられて嬉しくなった。

 

f:id:hammerklavier:20190517143749j:image

 

誰でも何かしらトラウマってものはあるのですが、特にひどい人、正式にPTSDと診断されている人は、機が熟したらこの本を読めるといいなと思います。あまり早い時期に読むと、冷静ではなくなり、怒りとかいろんなものが噴出しちゃうかもしれないけど、時期が来たらきっと素晴らしい効果がありそうな本。

 

あなたを導いてくれる治療者はきっといる。

 

 

本のラストに近づくにつれて、「私の回復具合はどの辺りなのかなあ」ってボンヤリ巡らせたりしていました。本格的な治癒にはまだ遠そうな気もするけど、てか遠いけど、回復に向かってスタートを切ったことは間違いない実感がある。私は当事者研究という部分に魅力を感じてそこから歩き出したけど、回復過程はこの「心的外傷と回復」の記述の通りに進みつつあるのかもしれないな。この本が書かれた頃には当事者研究という言葉はないけれど、自助グループ的な事例はたくさん出てきます。私も参加してみたいな、いいグループがあれば。そのうち。

 

回復へのスタートを切ったのだから、また舞い戻ることはしたくない。もちろん行ったり来たりの少しずつだろうけれど、それでも前進したい。加害者のことを考えることは本当になくなってきて、気持ちが落ち着いているし。焦らずゆっくり歩いていきたいです。

 

無理しない無理しない。

ひと休みひと休み。

 

 

心的外傷と回復

心的外傷と回復

 

 

 

ケアマネさんに関する悩み

f:id:hammerklavier:20190516181138j:image

 

今日はシャワー浴びたよ!!(ニュース)

 

昨日から本格始動してくださってる新しいケアマネさん。

私も母も本当に気に入っているのですが……

 

肝心の父が気に入らないらしい。

 

まあ、母のためのケアマネさんでもあるので。

母だけか気に入っていてもいいのですが。

 

父がなぁ。

 

「今回のケアマネさんは客をバッサバッサと切るような感じの人だな」

 

とか言ってる。

 

要するに気に入らなかったのよね。

 

そりゃそうよ!

お父さんより頭いいもん!!

 

こういう場合はどうすればいいのか。

本当に有能そうなので、断ったりしたら我が家の損。

マジでできそうな人。

 

……だからこそ、気に入らないのだ。

ちょっと間抜けなくらいのケアマネさんのほうが、父が上から目線になれるから優越感に浸れるのよね。

 

でもね、前のケアマネさんとの情報量の差、人間関係のパイプの豊富さの差、それこそ問題点をバッサバッサとさばく力の差……全て歴然としている。

この人にしとかなきゃホント損!

 

これはどうすればいいのだ。

 

まだ始まったばかりだけど、本当に悩みます。

果たして。

 

うーん、私だけでケアマネさん本人に相談してみようかなあ。

 

 

うーん……

 

 

ほどほど介護生活

f:id:hammerklavier:20190515135555j:image

 

父のケアマネさんが新しい人になりました。

前の人は転勤していっちゃった。

 

今回の人は素晴らしく頭いい!

なんかもうキレッキレです!

打てば響く!

仕事が早い!

質問の余地なし!!

30分でてんこ盛り!!

超大満足な人です!

 

訪問診療と訪問マッサージの提案をしてくれました。

マッサージはその場で電話をかけて、お試しの予約を入れて。

いい人来るといいなあ。

 

でも………

多分父は今回のケアマネさん、そんなに好きじゃないと思う。

なぜかって、すげえ頭いいから。

明らかに父は話についていけなかった様子。

威張りたくてしょうがない父なので、あんまり頭いい人は上から目線になれないから、好きじゃないのよね。

でも母と私は気に入ったので、父のことはいいんです。追い追い慣れてもらいますから。

 

父ももう86歳……

足もすっかり弱って、伝い歩き。

マンションの外へは一人では出せない。

いつまで自力で歩けるかなあ。

できれば車椅子はもう少し先にしてほしい。

なるべく自分の足で歩いてほしい。

 

 

 

あと、もうちょっと年寄りらしくして………

 

 

 

(無理だけど)

 

 

 

陽子と麒麟

f:id:hammerklavier:20190514154112j:image

 

小野不由美さんの「十二国記」シリーズ。

 

イラストにしてみました。

 

 

 

異世界で高校生の少女が闘いながら生き、人生を見つめ、運命の生き物「麒麟」と出会い、そして……

 

 

 

この絵じゃ全然、伝わらねえー!!!

 

 

 

↓↓↓十二国記

 

f:id:hammerklavier:20190514154329j:image

 

 

 

微熱

f:id:hammerklavier:20190511160005j:image

 

昨日の夜から微熱っぽいです。

37.4℃。

うーん、微妙。

 

以前、近所の内科で言われました。

 

「37.4℃は微熱だけど、平熱が人によって違うので、それくらいで病気かどうかを判断することはできません! 毎日一時間おきくらいに熱を測って平熱がわかっていれば別ですけどね! だから心配するほどの熱じゃありません!」(昭和6年生のおじいさん医者)

 

……すんません………(怖かった)

 

まあ私、普段から熱は高めなんですがね。

だから37.4程度は本当に何ともないかも。

 

とは言え、あまり調子はよくない。

 

だから早寝してゆっくり起きましたが、今日も一日しんどかったです。

暑いし!!!

 

喉が痛いとか、鼻が出るとかはそれほど。

でも地味に風邪かもしれないので、無理しないようにしています。

 

皆さま、風邪やインフルエンザにはお気をつけてください!

 

 

 

もう楽しいことしかしないと決めている

f:id:hammerklavier:20190510144006j:image

 

母がねっ!!

 

いつもは宅配弁当だから我が家ではもう料理しないのですが、今日のお昼は母が一部料理!

新じゃがを塩ゆでにして、むかし教会のバザーか何かで買ってきて置きっぱなしだったワカメを戻してつくだ煮を作ってくれました!

 

マジうまー。

 

私、手が震えるのでお料理しませんが(やろうと思えばできるはず)、母はまだまだ現役です。

素晴らしい〜。

ありがとうございます。

おいしかったです。

 

 

それで思い出したのですがね。

 

かなり以前のことですが、ネットのとある場所で、とある女性(既婚、子持ち、同年輩)からこんなことを言われたことがあるです。

 

「親にパンツ洗わせてる奴は呪われろ」

「子どもいない奴はラクでいいよな」

 

私に対して直接コメントしたものじゃないのですが、そういうのってなーんか伝わってくるじゃないですか。あ、これ私に当てつけ言ってるなって。その直後にブロックされました。何もアクションしてないのに。数年後、別の友人を通して、対象はやはり私だったことがわかったのですがね。ただのちっぽけな陰口で、しかも直接言わないところがね。なんか生ぬるい気分になりました。

 

いやいやいやいや。

 

あなたが結婚したのも、子どもがいるのも、自分で家事をすべてやっているのも、いろんな問題を抱えているのも、みんなあなただけの事柄ですから!!

ついでに言えば、私が結婚して離婚したのも、子どもがいないのも、複雑性PTSD抱えて実家で暮らさざる得ないのも、家事ができないのも、私の問題であってあなた関係ないですから!!

人にはそれぞれ都合ってものがあって、他者にはわからない苦労ってものがあって、自分ではコントロールし切れない環境ってものがあって、極めつけどうにもできない「運」ってものもあるんです。

 

こういう人は多分、私のこのブログ読んで、「また母親に甘えてる」とか言ってムカムカするんだろうな。どうぞ。してもいいよ。あ、しない? それはよかった。どちらでもいい。どうせ内心は嫉妬だけしかないのですから。本人は認めないだろうけど。

 

人間って、自分が本当に苦しいと、何にでも当たり散らしたくなるものですよね。

私だってそうなのでわかります。

そして私もよくやりました。

悪態とか罵りとか。

お恥ずかしいです、黒歴史です。

 

この体験はわりと貴重でした。

何もトラブル起こしていなくても、ただ生きているだけでも、気にくわない人っているのね。

私もまた、いるだけで嫌われたりするのだなあと感じ入りました。

徹底的な暴力を振るわれたわけじゃないので大したことないのですが、まあ愉快ではないですね。

でもいいですよ、うん。

 

数々の暴力を受けてきたレジェンドの私ですから、この程度は別に痛くもかゆくもないです。

ただ、彼女は幸せにしてるかなあ。

幸せだといいなと思います。

(どうでもいいけど)

 

ま、でも直接に暴力的な言葉を浴びせられたわけではないので、それはやはり良かったです。そうだったらPTSDの私はまたパターンに入ったでしょうからね……

 

 

もうね、決めたから。

 

 

本当に好きな人としか、付き合いません!!

 

 

 

腰痛と刈り上げ

f:id:hammerklavier:20190508180854j:image

 

今日は朝から腰が痛いです。

痛い痛いいたーーーーーーーーーい!

一晩たったら治ってるといいのだが。

 

美容院に行ってきました。

襟足を刈り上げてサッパリ!

軽くなって涼しくなって気持ちいい。

いやぁ、この調子でどんどん短く……

なりすぎるとボウズになってしまう。

この程度にしておきます。

(チコちゃんみたいな感じです)

 

昨日は体調がとっても悪かったので、横になっている時間がかなり長かったのですよ。

だから今日、腰が痛いのかもしれぬ。

寝過ぎると腰って痛くなるでしょ。

でしょでしょ。

痛い……

 

痛いから、今日は当事者研究もお休みです。

本を読んでも集中できなかった。

そういうときはさっさとやめて、休みます。

 

明日は少しは本が読めるかな?