ぼたもち(仮)の重箱

躁うつ病、万年筆、手帳、当事者研究、ぼたもちさんのつれづれ毎日

小説

【小説】冴子のビーズ【note】

この前、行くことがかなわなかったイベント。 noハン会。 それの企画の一環で、みんなで小説を投稿して小冊子を作るという。 昨日、届きました! 私の小説も掲載されてるよ! note.mu よかったら読みに行ってね! 今日は昼前にシャワーを浴びたら、すっかり…

あとがきと刈り上げ

10日くらいのご無沙汰でした! ……いや、昔の小説なんか投下してたので。 読んでくださった皆様、ありがとうございます! 10年以上前に書き始めて、途中で放置したり。 もう完結させなくてもいいやと思ったり。 設定とか伏線とかどうしようと思ったり。 でも…

【番外編】永遠に終わらない冬

二人は両親からクリスマスプレゼントをもらった。透明なボディにかわいらしいアクセントカラーがついた、小ぶりの万年筆だ。「結子にはピンク、真実にはブルー、かわいいでしょ」母がにこにことして、嬉しそうに言った。きょうだいでお揃いのものをもらうの…

【小説】終・11 永遠に終わらない冬

午前四時三十分。 もしも家で親が起きていたら、次の機会を考える。けれども親がどちらも眠っていたら、今がチャンスと考える。貴重品や身分証、簡単な着替えを持って、このまま二人で逃げる。家を出ますとの、手紙を残して。「なんの準備もしてないけどいい…

【小説】10 永遠に終わらない冬

カフェで待ち合わせた結子の表情は、前の晩よりもさらに思い詰めた様子だった。真実はその顔を見て猛烈な不安を抱いたが、一方では冷静に受け止める自分自身も存在した。昨夜、自分と姉がしたことを思えば当然のことだった。「私さ」コーヒーカップを持つ手…

【小説】9 永遠に終わらない冬

空には星が輝いているのに、二人は地面を見つめて歩き続けた。本当に寒くない冬だ。今夜は特にあたたかい。小さな声で、ぽつりぽつりと話しながら、真実と結子はゆっくりと家路についていた。ただただ、ぽつりぽつりとにわか雨のように、密やかな会話が互い…

【小説】8 永遠に終わらない冬

二人して立ち止まっていても、他人に見られればおかしく思われてしまう。真実は動揺する気持ちを何とか取り戻そうと、結子に「行こう」と声をかけて歩き始めた。結子も黙って横に並ぶ。行こうと言っても行く当てもなく、ただとぼとぼと真冬の夜道を歩くだけ…

【小説】7 永遠に終わらない冬

夕焼けは遠ざかりますます暗く冷え込んできたというのに、結子はブランコから立ち上がろうとしなかった。姉が動く気配が全く感じられないために、真実もブランコに掴まってしゃがみ込んだままだった。 間近にある結子の小さな顔は、涙に濡れていた。いつの間…

【小説】6 永遠に終わらない冬

翌日、デパートのアクセサリー売場で結子はピアスを物色していた。またしてもコートとバッグを持たされて、真実は姉の後ろをついて歩いた。真実が想像していたよりも高額なものばかりで、少し心配になってくる。買ってやると言うには言ったが、自分が持って…

【小説】5 永遠に終わらない冬

正月は家族四人で近くの神社へ初詣に行くことが、森山家の年中行事になっていた。元旦は毎年天候に恵まれることが多く、今年も少々雲はあるが良い天気だった。大きな神社は大混雑で大変だからと近所の神社へ出向くのだが、やはり相当の人混みだった。幾らか…

【小説】4 永遠に終わらない冬

十二月三十日深夜 子どもの頃から書いていた日記は気楽だったと、今になって思います。今の私は、日記にすら書けないことばかり。私の日々の生活は表面上は変わらないけれど、心の中は千々に乱れています。何故このような羽目に陥ってしまったのか、誰か教え…

【小説】3 永遠に終わらない冬

年末の仕事納めの一日、結子は特に変わったこともなく過ごした。結子の会社は社員五十名程度の小さな事務所で、高齢者や心身障がい者の家庭に介護ヘルパーを派遣する企業の支店だった。社員の男女比は半々で雰囲気も良く、結子にとっては居心地の良い職場で…

【小説】2 永遠に終わらない冬

森山真実(まさみ)は明け方にとても嫌な夢を見て目が覚めた。しばらくは夢と現の間を行き来していたが、携帯電話のメールが着信する音楽でようやく目覚めることができた。不機嫌な心持ちで携帯を手に取ると、つまらない広告メールだった。腹立たしくも感じ…

【小説】1 永遠に終わらない冬

十二月二十四日 ある男の子から好きだと言われました。男の子などと表現するのは申し訳ない年齢ではありますが、私にとって彼はいつまでも男の子です。それに彼はまだ大学生で、既に会社で働いている私にしてみれば、実際に年下でどうしても男の子という風情…

明日から小説連載

最近、noteでガツガツいろいろ書いてます。 10年前に書き始めて、途中で放置していた小説がありまして。 それをnoteで、無理くり完結させました。 ここまで無理くりな完結、私やらかしたことない! というくらい、情けない結末のお話。 (まだ連載中ですが、…

【BL】(7)月のかたちと二人のかたち

(ボーイズラブ最終回) (pixivより転載。昔書いたBL小説。全7話) ----- やはり仕事を休むわけにはいかないので、翌日はきちんと出勤した。会社のそばのコンビニで、ポカリを3本買った。LINE女のデスクに行ったらもう出勤していたので、「これ、お礼」と…

【BL】(6)月のかたちと二人のかたち

(男同士だって好きなんだもの) (pixivより転載。昔書いたBL小説。全7話) ----- 狼男が本当に狼に変身できるのだということを知ってから、俺はすっかりダメ人間になった。仕事が手に付かない。やる気もない。食欲もない。人付き合いも悪い。これはもとも…

【BL】(5)月のかたちと二人のかたち

(ボーイズラブ在庫処分品) (pixivより転載。昔書いたBL小説。全7話) ----- ドライブなんて何年ぶりだろうか。田中の借りてきた白い車に乗り込んで、俺たちは秋の週末ドライブに出かけた。いや、終末ドライブかもしれない。田中が言うには「いい鍾乳洞が…

【BL】(4)月のかたちと二人のかたち

(BLとは男同士の以下略) (pixivより転載。昔書いたBL小説。全7話) ----- 田中おでんはセブンのおでんとは比べ物にならないほど美味かった。このおでんが毎日食べられるなら、俺の秋冬シーズンは田中に捧げてもいい。と、俺はいつも同じような反応ばかり…

【BL】(3)月のかたちと二人のかたち

(ボーイズラブですから苦手な人は略) (pixivより転載。昔書いたBL小説。全7話) ----- あっという間に一週間が終わってしまった。平日は全く田中と顔を合わせることがなかった。朝とか夜とか隣の玄関から出てくるんじゃないかとビクビクしていたが、出て…

【BL】(2)月のかたちと二人のかたち

(苦手な人は読まないで!) (pixivより転載。昔書いたBL小説。全7話) ----- そういえば掃除機をかけようと目論んでいたことを突然思い出した。日曜日の真っ昼間、俺は面倒だが掃除機を出してかけ始めた。洗濯は昨日の夜のうちにしておいたので、もう乾い…

【BL】(1)月のかたちと二人のかたち

(pixivより転載。昔書いたBL小説。全7話) (BLとはボーイズラブ。苦手な人は以下略) ----- 今年の中秋の明月は、いつもより真ん丸らしい。この真ん丸が今度見られるのは、8年後くらい後になるらしい。そんなにありがたい真ん丸ならばもっと目をこらして…

【万年筆短編】誕生日の奇跡

誕生日でも、バレンタインデーでもない。何の記念日でもない。記念日を祝う間柄でもない。そもそも、誕生日がいつなのか、それも知らない。 それでも私は、あの人にプレゼントを渡したかった。 スーツの胸の、内ポケットにさしてあるペン。先っぽには、あま…