ぼたもち(仮)の重箱

躁うつ病、万年筆、手帳、当事者研究、ぼたもちさんのつれづれ毎日

遠藤周作の『沈黙』

f:id:hammerklavier:20220212103250j:plain

先日これを読みました。
遠藤周作の『沈黙』。
あまりにも有名なので読むのが今とは遅すぎる。
……いやいや読書に遅すぎることはない。
いつ読んでもいいのです。自由です。
若い頃に遠藤周作を読み漁りましたが、テーマの重さに気が引けて、ずっと手を出せないでいたのでした。

感想なんか言えません。
これからカトリック教会へ移動しようとしている私。
隠れキリシタンがどのようにつらく過ごしていたか、イエズス会の宣教師たちがどれほど苦心したか、キリストを信じることにいかほどの困難があったかをまざまざと見せつけられます。
信教の自由のもとでのうのうと教会へ通う私たち。
過去の歴史にここまで過酷な痛みがあったことを、決して忘れてはいけないと感じました。
小説としては非常に読みやすいものでしたが、内容はとても読みやすいとは言えませんでした。
遠藤周作のあの顔から出てくる作品だと思うと、なんだか不思議な感覚に陥ります。
作家というものは「なんでも書ける」のだと驚愕でした。
狐狸庵先生ばかりじゃないんですよね。

私はキリストのために殉教できるような強い信徒ではありません。
踏み絵を強要されれば嫌でも踏むと思います。
そんな自分を「生き残ることだって大事だ」と正当化する卑怯な人間です。
そんな情けない私のことも見捨てずにいてくれるかな、イエス様は。
どうなんだろう。
人間には永遠にわからないことです。

でも『沈黙』の作中で棄教せざるを得なかった司祭たちは、どんなにか苦しかったかと涙が出ます。
司祭ですよ? 神父様です。
キリストのために命を捧げる秘蹟を受けた人たち。
それなのに棄教……
「俺は神を裏切った」と嘆いて苦しんだことでしょう。
なんといっても史実ですからね、このお話。
ちゃんと司祭たちの墓も存在しますから。
でも、だからって地獄行き?
私はそうは思わない……
深い傷と罪悪感を負いながら生き抜くことの意味もまたあるのではないかと感じられてなりません。

ところでwikiを見るとこの作品のタイトル、もともとは違ったそうです。
『日向の匂い』というタイトルだったのですって。
編集者がタイトルを変えさせたとありました。
遠藤周作はなにを思って『日向の匂い』とつけたのでしょう。
読んでいると日向シーンが少ない小説なので、その仮タイトル、なんとも複雑な気がします。
ただ『日向の匂い』では小説が売れなかったかも……

こんな年齢まで伸ばし伸ばしでようやく読めた『沈黙』。
読めてよかったです。
キリストと殉教者、棄教者の痛みを思い起こしながら読みました。
遠藤周作の他の作品も再読したいですね。
今でも印象に残っているのは『悪霊の午後』という小説。
悪魔の話でした。
もう一度読もう。
また買わなくちゃ。

読書は疲れてしまうのですが、またがんばって読もうと張り切っています。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

ホテルのスーペリアルーム

f:id:hammerklavier:20220120102913j:plain

工事中滞在したホテルから帰ってきたよ。

昨日、我が家の水道管工事が終わりました。
二泊三日でしたが、実質二日。
二日目の17時には完成していました。
が、既にホテル代は支払い済み。
もったいないじゃん。
きちんと二泊してきました。
三日目の14時半にチェックアウト。
15時には業者さんから最後の説明。
無事に赤錆のないお湯が出ます。
今度こそ水漏れしないでね。
よろしく。
ありがとう。

ホテルではなぜか部屋がアップグレード。
今までは一番安いスタンダードルームです。
今回もそう予約しました。
入ってみたら広かった。
「スーペリアをご用意させていただきました」
って言ってた。小声で。
広くて快適、しかし広いだけに少し寒い。
まあそれはいいです。快適だったから。
でもなんでグレード上がったの?
わかんない。
アウトの際にフロントで尋ねてみました。
「ホテル側の都合です(ニコッ)」
なんて感じに言われた。
なんでかなと思って今でも疑問です。
思えば予約時にスタンダードの価格が少し高かった。
でも到着後にサイト確認したら価格は低かった。
支払いは高いほうの価格です。
それが理由かなあ。
高い金払わせたからいい部屋にしてやるぜ的な。
ホテルの都合と言われるとねぇ。
それ以上は追求できないのでね。
真相は闇の中です。
ホテル怖い。
いやグレードアップだからね。
いい思いしたからいいんだけどね。

コロナ禍ですからレストランは行かずじまい。
すべてルームサービスで済ませました。
とにかくなるべく人に接したくない。
だから外のコンビニまで行くのもやめました。
ホテルのレストランは高いので、ルームサービスと価格はそれほど変わりません。
バリエーションはないけどね。
もう何度目かのホテルなのでいい加減メニューも暗記してしまいましたが。
とにかく食べられるものを選んで食べました。
どれもおいしかったです。
あとレストランに行かれないのは母のことを考えて、ということもあり。
もうあまり固いものは食べられないので、味噌汁ごはんにしたり、小さく小さく切り刻んだりしないといけなくて、「見た目が行儀悪い」と母が気にするのです。
だからルームサービスが一番ありがたかったです。
写真はハンバーグとエビフライ。
高いだけあっておいしいですよ。

小市民なので消耗品をたくさん失敬しました。
ホテルに泊まったらアメニティをもらってくるまでが遠足です。
絶対みんなやるよね!?
お上品に使わないものをそのままにして帰宅したりしないよね!?
持って帰れるものは持って帰りました。
ルームサービスの紙ナプキン(丈夫で上質で紙なのに破れなくて雑巾に使える)なんかたくさんもらっちゃいました。
一泊一本もらえるミネラルウォーターも。
おいしい水です、エラい。
いろいろお世話になりました。

母が「またたまにはこういう宿泊したい」と言うので、そのうちまた二人で来ようねということになりました。
お金かかるのでたまにしか行かないでしょうが。
それにやっぱりお家が一番です。
家のベッドでないとゆっくり眠れません。
ホテルではついコーヒー飲んじゃうしね!
(カフェインで眠れなくなる自業自得)
あ、私は自分用のプレゼントでまた一人宿泊はすると思います。

何はともあれ工事が終わったので安心です。
ついでにスーペリアルームの間取りもわかりました。
いろいろ勉強になった二泊三日でした。
さあ、昼寝しよう。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

骨伝導イヤホンでASMRを聞く

f:id:hammerklavier:20220115120135p:plain

ASMRの音声を聞きながら昼寝したい。

私の切なる願いです。
年を取ってきたので、お昼寝タイムは大事。
そもそも一日中フル回転は無理です。
ああ疲れたー!……と横になることが多いです。
毎日とは行きませんが。
できるときはできるだけ。
横になって体力温存。

ずっとAppleのノイキャンイヤホンでした。
AirPods Proですね。
耳の奥までよーく響きます。
ASMRにはピッタリ。
優れものでした。
ずっと……
ずっと……

そう……

耳の中が蒸れて痒くなるまでは……涙

ある日突然、耳の奥が痒くなる症状が出ました。
痒いのです。
触ると少し湿ってる感触。
膿のようなものが出ていました。
これはいけない!
使うの禁止!!
市販の耳の炎症を抑える薬も使ってみました。
よく効いてくれて、耳は治りました。
しかしまたイヤホン使うと症状が出る。
ああ、これはもう駄目だ。
私はもはやAirPods Proを使えない身体になった……

と、絶望にある私に、セラピストからの言葉。

骨伝導イヤホン、使えるわよ」

まったく考えたこともなかったです。
骨伝導イヤホン。
さっそく探してみました。
いろいろな形状がありました。
でも……
多くのものは後頭部にケーブルがある……(それで左右のイヤホンを繋いでる)
自由な姿勢で眠りたいので、後頭部にケーブルがあるのはいただけません。
探しまくりました、ケーブルないやつ。
そして見つけたのが上の写真のイヤホン。
耳にかける形です。

これしかないじゃーん。

高くも安くもない値段で微妙でしたが、とにかく急を要するので購入してみました。
(急を要する=昼寝で身体を休めなければならない)

光速で届いたので、すぐに開封
なんかちゃちいイヤホンでした、軽々しくて。
でも電源入れてペアリングして試しに一番お気に入りのASMR音声を再生してみたら……

なにこれAirPods Proに負けてない!!
よく聞こえるー!!
耳の穴に突っ込んでないのに聞こえる!!
なんで!?
骨伝導だから?)(よくわかんない)

というわけで、無事にASMR午睡ができるようになりました。
めでたしめでたし。

しかし骨伝導イヤホン、不思議だなぁ。
なんで耳の穴に入れてないのに聞こえるの?
骨伝導の仕組みがわからないので、調べてもいないので、謎です。
本当に過不足なく聞こえます。
エラい。
褒めてあげます。
音漏れはそこそこするとの話ですが、ASMRの音声(女性の声)なのでシャカシャカいうわけでもないですし、そもそも自室のベッドで横になるだけなので誰にも迷惑かけません。
電車に乗っているときなら音漏れが気になるのかもしれないけれど、屋外で使用するつもりがないので、私にとっては十分によろしい代物でした。

ここでオススメのASMR動画をご紹介します。

……と言いたいところですが、リンク貼るのが億劫なのでやめました。
ASMRは相性もありますしね。
私は「これを聞けば概ね80%の確率で昼寝できる」という動画を見つけられたのでラッキーでした。
きれいな声の女性がデパコスのタッチアップロールプレイをする動画です。
名作なんですよ……
本当に快適で眠くなります。
(日によって眠れない日もありますが。体調次第)

お疲れの中高年の皆様。
疲れますよね、生きてるだけで。
昼寝くらいしないと、ですよね。
若い頃は昼寝なんかしなくても大丈夫だったのにね。

ぜひASMR動画をいろいろ漁ってみてください。
リラックスしてお昼寝する時間が取れるかもしれません。
ぜひともググってみてくださいね。
その際は耳に突っ込むイヤホンよりも、骨伝導イヤホンのほうが、耳の健康のためにもオススメです。
耳に突っ込むイヤホン、マジで耳によくない気がします。
特に寝ちゃう場合は。

いいお買い物ができました♪



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

雪だ!!

f:id:hammerklavier:20220106162139j:plain

雪が降っている……

私は雪が苦手……

だって……

滑って転ぶから……

都会もんなんて軟弱ですよね……

仕方ないです……

慣れてなくて雪用の靴もない……

明日は晴れる予報の東京……

早く溶けてください……


f:id:hammerklavier:20220106162500j:plain



あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
わずかな人しか読んでいないこのブログ。
でも毎日誰かが来ているこのブログ。
相変わらず今年もゆるく続けます。
お暇なかたは読みにきてね。
有益なことは特に書いてませんが。

今年の目標はダイエットすることです。
嘘です。
おうちで寝てます。
太ってきちゃったよ。
でもあんまり気にせず食べてます。
気にするとろくなことないので。
只今の体重53キロちょっと(個人情報)。
この辺りでキープしておきたい。
ていうかもう少し歩くべきです。

あと今年見たい(読みたい)のは『孤独のグルメ』です。
面白いんだそうで。
アマプラでドラマ見られたはず。
見てみようと思います。
なんかおいしそうなので前から気になってました。

皆様におかれましては2022年もお健やかでいられますように。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

メリークリスマス!

f:id:hammerklavier:20211225083749j:plain

クリスマスおめでとうございます。
今日キリストイエスベツレヘムでお誕生になりました。
嬉しい楽しいクリスマス。みんなでお祝いしましょう。
写真は我が家に飾ってある馬小屋の様子です。

キリストイエスは貧しい寂しい馬小屋でひっそりとお生まれになりました。
王の王、主の主と言われる救い主イエスなのに、誰にも気づかれないような小さな馬小屋で。
目撃したのはこれまた貧しい羊飼い、そして東の国からやってきた三人の博士たち。
大きな星に導かれ、目撃するためにやってきたのでした。

そこで当時の領主ヘロデ王は「ここらへんに救い主らしき、自分の地位を脅かす赤子が生まれた」と、国中の二歳以下の男の子を惨殺してしまいます。
なんという悲劇。
神の導きによってその悲劇から逃れた父ヨセフ、母マリア、キリストイエスは生き延びて、しばらくの間は別の場所で過ごしましたとさ……

その先の物語はあまり呑気ではなく、どんどんつらく厳しいものになっていきます。
キリストの宣教、十字架、復活、昇天、いろいろあります。
ぜひ聖書をご覧ください。

一回くらい読んでもわけわからんけどね。
何回読んでもわからんことばかりだけどね。
そこが神秘というものでしょう。

昨夜はクリスマスイブのオンラインミサにあずかりました。
絵本の朗読、キャンドルサービスから始まり、とても荘厳で美しいミサでした。
今日は午前10時からクリスマスミサ。
これもYouTubeで。
天気はいまいちですが、楽しみたいと思います。

皆さんの上にも平安がありますように。
世界に平和がありますように。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

誕生日プレゼント(自分用)

f:id:hammerklavier:20211220084009j:plain

めちゃくちゃ忙しくしている私ですが、さかのぼること約一ヶ月前、誕生日を迎えるにあたり自分へのご褒美(忙しいからね!)イベントを開催したのでした。

都心のホテルで二泊三日。
それもいつもなら絶対使わない少しいい部屋。

少々高かったんだけど満足しましたね。
上の写真は部屋付きのミニバー(どこがミニなんだこれ)の写真です。
ネスレのネスプレッソが設置してあって、多種多様なコーヒー飲み放題でした。
コーヒー大好きな私はイェーイと喜んだのですが、そんなにカフェインとっても眠れなくなるので一日に二杯くらいしか飲めなかったんですがね。

「こいつ実は金持ちなんじゃないのか」とあらぬ嫌疑をかけられると困るので、写真はこれだけです。
そんなに金があるわけないでしょ、ご褒美だからへそくりから捻り出したのよ。

あまりの忙しさに最近は気分が躁状態です。
参った。
ご褒美ステイの間もずっと軽躁だったと思います。
だって二泊、あまり眠ってなかったし。
その後サインバルタをじわっと減らされたのですが、効果が出てるのかなあ?
少しは大人しくなってるといいなとは思ってるのですけど、前の記事にも書いた水漏れ加害騒ぎでまたまた気分が急上昇です。
いや内容的には落ち込む内容ですが(水漏れ加害なんて落ち込むよね)、対応に苦慮している間に気分が上がってしまうのです。
忙しければ忙しいだけ気分は上がります。
そしていろいろ症状が出ます。
症状の詳細は書いても仕方ないので伏せる。

まあ誕生日のプレゼントは楽しかったです。
今後もやろうかな、と。
高い部屋に泊まる必要はないので、安いところで折に触れてこういう時間を持とうかなと感じ入りました。
だってねえ、私もいずれは一人になるでしょ。
今は母と同居して喋る相手がいて気がまぎれることもあるけれど、完全なる一人暮らしは体験がないので。
今のうちに練習しておかねば。
誰も話す人がいない一人の生活。
気持ちは非常に楽だと思うけど、きっとそれなりに寂しかろう。
母がいつまで元気なのかわかりませんが。

とりあえず水漏れしない安心できる環境にするため、さっさと工事を済ませたいです。
年明けはまた忙しくなりそうだ。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

パトラッシュ、もう疲れたよ

f:id:hammerklavier:20211215144752j:plain

お久しぶりにブログ更新。

先日、風呂場のリフォーム工事で4日ほどホテルに逃避していました(写真はそのときのごはん)。
本当なら3日で済むとのことでしたが、結局は4日かかった。
そして風呂場ってお金かかるのね……
出費がつらいです。
でも風呂場がほぼほぼ壊れてたので、リフォームしました。
ついでに風呂場付近の配管も直してもらいました。

で、帰宅して業者さんとバイバイして。
お掃除したり壊れてたWi-Fiルータを設置したりして、慌ただしく過ごしていましたら……

マンションの階下のじいさん(90くらいの元気な人)が来て、「2〜3時間留守にしてたら水漏れしてまして」と。

マジか。

急いで管理会社に電話したり業者さんに電話したりして、大変な時間を過ごすことに。
夜だったので警備の人(アルソックみたいな人、水漏れ専門家じゃない)が階下と我が家に来たり。
遅くなってから業者さんが高速に乗って駆けつけてくれて、とにかく階下の水漏れ箇所をビニールでカバーして、我が家のバスタブに水張って、そして水の元栓締められてしまいました。
それが夜の9時頃。
「明朝9時までに水道の職人が来ますから!」
ということで、その間はろくに手も洗えずトイレも最低限で、非常時みたいな一晩を過ごしました(本当の非常時とは比べ物にならないでしょうが)。
朝、これまた最低限の食事をして、9時前に職人さんが来て、昼過ぎまでかかって補修。
とりあえず水が使えるようになりました。
やっと石けんで手が洗えた……

んで、業者さんがまたまたやってきて、水漏れの原因を説明していきました。
工事でいじった場所から漏れたわけではなく、工事して流れが良くなったために、それ以外の古い配管がビックリして、老朽化している部分からも漏れたのでしょう、と。
マジかー?……と思いましたが、うちの業者さん、本当の本当にいい人なので嘘をつくような人じゃないんですよね。
だから信頼して納得しました。
工事代もきちんと予定通りに支払いました。

ついでに「今度はすべての配管をきれいにしてください!」と依頼。
もうこういうストレスは懲り懲りです。
階下にも迷惑をかけたくないし。
管理会社からも「お宅が工事してくれないとまた同じことを繰り返すのでよろしくご検討ください」と言われてるし。
お金はかかるけどここに住む限りは致し方ないことです。
がんばる。
ただいま見積もりの最中です。
多分、来年早々工事になるでしょう。

7月に工事、12月に工事、1月に工事……
半年に3回も工事……
死後の世界がリアルに目の前に広がります……

がんばるよ、がんばるけど……



もう疲れた……



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村